2022.06.24(金)

えー!次はここじゃないのかー?!

 

まさるです。今日は挨拶の時間に来週のことを話しました。来週27日()から学校から帰ってきたら、ピースハウス(引っ越し先)に来ることになります。だから、明日の土曜にセンターへ来られないこどもにとっては、昨日や今日で今のセンターは終わります。でも、71日まではセンターの建物は残っているので、遊ぶときには、戻ってくることができます。ピースハウスで過ごすか、センターで過ごすかは、こどもたちに任せます。

 さて、話は戻り、あいさつの時に、その話をすると、かりんが、びっくりした顔で、「えー、次はここじゃないのー?!」と叫びます!
いよいよ、センターとの一時のお別れに実感が湧いてきたようです。土曜日に来るこども達も、少しだけ、寂しそうな顔になっているような気がしました。

新たな一歩を踏み出しますが、さみしいなー!!!

2022.06.23(木)

だからここは良い場所やねん!

 

まさるです。今日は、りゅうがが、龍斗にいじわるな言い方をした。すぐに、りゅうがへ「センターは誰でもいつでも来ていいところ」「りゅうがが怖くて、センター行かれへんという子がおったらどうするの?そんなんセンターも、りゅうがも、まさるさんも悲しい。センターにはりゅうがも龍斗もみんな必要や」というような話をした。

するとりゅうがは少し黙ってから、、、

ニコッ

「まさるさんも必要。」と言った。

そして、龍斗に「ごめん、龍斗もセンターに必要や」と言っていた。

 

すると、まい、かりん、ちか、こうすけ、かいと、みんなが「そうやで!みんな来ていいねん!だから、ここは良い場所やねん」と口々に広がっていった!

そうだね、山王こどもセンターは誰でもいつでも来ていい場所だね!

2022.06.22(水)

今のセンターで最後のミニ運動会

どうもだいごです。

夜プロはミニ運動会でした。
僕は審判をやったのですが、
たった3年間のブランクでジャッジメント力の低下を否めませんでした。

ミニ運動会はこどもセンターの名物プログラムの一つ。
センターの狭い空間の中で運動会をします。
今日の協議は、
①ぐるぐるバット あめちゃん口つかみ(旧お菓子食い競争)
②ジェスチャーゲーム
③でかでかオセロ
④借り物リレー
でした。

チームは
ビブスあり:まい、かりん、こうすけ、かいせい
ビブスなし:かいと、かずき、かずま、おとね、ゆうま
です。

白熱の戦いでした。
涙あり、怒りあり、喜びあり。
ヒューマンドラマです。
こんな小さな空間で、こんな短い時間で、
こんなにも喜怒哀楽を全力で出せることのすばらしさ。
刺激をもらえます。学ぶことたくさん。

次は仮移転センターでもミニ運動会をしよ!
その次は広くなるセンターでちょっと大きくなるミニ運動会をしましょー!

2022.06.21(火)

じゆうだー――――!!!

 

 まさるです。今日は夕方にメンバー分かれて、「バザーと引っ越し」をして、夜の時間をじゆうあそびにするか。全員でバザーをして、夜の時間に全員で引っ越しをするかをみんなで決めていました。すると、「最近、遊んでない!」「久しぶりにあそびたい」という声がでて、夕方に活動を分担して、終わらせる。そして、夜はじゆうあそび!

 

しかし、まさるは夕方からずっと「ひさしぶりにあそびたい」。の「久しぶり」が気になっていました。そんなに遊んでないかなー?と聞いてみると、昨日の遊ぶ時間がほとんどなかった、ということがわかりました。

そうだねー。まさるさんとみんなでは流れてる時間の速さが違うんだねー。まさるは「昨日だけ」、みんなは「昨日も」なんですね!

今日は思いっきり、みんなで「じゆう」を満喫しました!

2022.06.20(月)

引越し準備

 ボランティアのAKIです。
こどもたちはセンターに帰ってくると宿題に取り組み一生懸命やってる姿が微笑ましかったです。同じクラスの子は宿題が同じなので、国語の本読みをみんなで声を合わせて読んでるのがなかなか良かった~

今日は新しい学生ボランティアの津田さんが来てくれて、こどもたちと楽しく遊んでた。感想を聞くととっても楽しかった~と笑顔で答えてくれて、またぜひきたいです。と嬉しい言葉聞けて センターの良さが伝わって良かった~

いよいよセンター大詰めの引越しに備え。。。
キッチンの道具をリヤカーに積み、みんなで運んで、帰りはリヤカーに乗りたい!!と取り合いながらも譲り合う所も頼もしい~

最後は商店街のお店へ クラウンドファンティングのチラシと募金箱を置いて下さいと
こどもたちが自分たちでお願いする体験

ドキドキワクワク。。。
これからもこども達が安全に遊べて・学べて・親御さんが安心してこどもたちを預けられて地域の方々がいつでもひょっこり来れる居場所 本当に素敵な場所にご縁を頂けて私も本当に嬉しいです。こどもたちは地域の宝物 大切ないのち ひとりひとりのこどもたちがこれからもセンターに関わる大人の人達からの暖かい愛の中で 生き抜く力・自分で考える力を身につけて成長していく姿を楽しみのこれからも見守っていけたらと思いました。

2022.06.20(月)

クラウドファンディング6月20日(月)10:00から開始しました!!

「西成で100年ゆるがない場所を目指して山王こどもセンター建て替えへ」

 

URLhttps://readyfor.jp/projects/sannoh-k-c

 

山王こどもセンターは西成区山王で1964年からこども達を中心に「誰でも来られる居場所」として活動を続けています。建物は築80年以上と年をとりました。これまでも、様々な方に支援していただきながら補修を繰り返してきましたが、建物全体は限界を迎えています。

こどもセンターの活動を山王の地で続けるために、訪れる人の安全を守るために、建て替えを決意しました!

 

目標金額は500万円、620日(月)10時 〜 85日(金)23:00まで支援の募集を行います。

===========================

《詳細はこちら》

URLhttps://readyfor.jp/projects/sannoh-k-c

公開日:620日(月)10時 〜85日(金)23

目標金額:500万円

===========================

クラウドファンディングとはインターネット上で行う資金調達の仕組みです。

インターネットを通じてたくさんの人々に資金提供を呼びかけ、目標額に100%まで到達した場合のみ、皆さんの応援が私たちに届く仕組みになっています。(All-or-Nothing方式)

 

★お知らせ★

解体工事の日程が決定しました。

202271()

 

★報告★

618()お泊り会をしました。夕食は、カレー。それから、お風呂は日の出湯へ。
風呂屋ルールをみんなで出し合い共有しました。

リニューアルされた日の出湯は、駄菓子という誘惑が!!??(お風呂屋さんの中に駄菓子屋さんがあるのです。)帰ったらおかしパーティーが待っているので、今回、駄菓子の購入はお預けです…

こども達が、各々好きな時間を過ごしている中、サプライズが!!

おとねの誕生日をお祝いしました!いろんな種類のケーキにろうそくは9本…9歳おめでとう☆彡

そして、そして、毎度興奮冷めやらぬこども達は、なかなか寝ません。

10時消灯から2時間後…やっと全員眠れたようです。

初めてのお泊りをした まさねは「ママがいないとさみしい」と涙をこらえていたけれど、「おねえちゃんが一緒にいてあげる」と寄り添ってくれた おとねのおかげでニコニコ笑顔になりました。それから布団にもぐって夢の中へ☆彡

 

朝ご飯は、ごはんに味噌汁そして、おとはの特製のスクランブルエッグめちゃんこおいしい!一人でてきぱき作っている姿にたむっち感動しました!

 

2022.06.18(土)

白熱したボッチャ大会

 

ボランティアのあやのです。今日は山王集会場でボッチャをしました。4チームに分かれて対戦しました。チームは、こどもセンター、にしなりWing、そして地域の方たちとの混同でした。

ボッチャを簡単に言うと白と赤と青のボールを使いどれだけ白いボールのそばに自分たちの色のボールを近づけて点を競うゲームです。

試合をする前にお互いの自己紹介とチーム名を決めました!

いちごチーム、やまおうチーム、きくのはなチーム、みんなでなかよくたのしいチーム。どれもすてきな名前に決まりました(笑)

そして試合はとても白熱しました。いい結果になるとあるチームはハイタッチをしたりまた違うチームはここに投げたらいいよとアドバイスしたりとみんなで協力してボッチャをしていました!

試合の結果は、1位がいちごチーム!景品としてカップケーキをもらいました!!他のチームはお菓子やシフォンケーキをもらいました!

そして集会場を後にしセンターにもどりゆっくりするかとおもいきやまだまだ元気!!その理由は、お泊まり会があるから!センターを建て替えるからこの建物でするお泊まり会は最後。楽しい思い出いっぱい作ってね!

2022.06.17(金)

めっちゃあかるいくらやみ

どうも、だいごです。

夜プロは「くらやみかくれんぼ」。
お隣のおとなセンターを借りてかくれんぼをします。

が、この季節のこの時間は全然外が明るいので、くらやみではない。
あかるい。

そして、見つかった人が待機する部屋があるんですが、4畳くらいですかね。
この小さな部屋の中で待機するのですが、
こどもらがそもそもの元気さに加えて、
「くらやみ」「かくれんぼ」というワクワクワードが2つ入ってるもんだから、
こどもたちのテンションが高いのなんの。

大声で叫ぶ叫ぶ。
狭い部屋に声が反響してすごいことに。
と、思っているのは僕くらいで、こどもたちは競い合って大声を出し合って楽しそう。
空気が明るくて楽しい(*^^*)
部屋も空気も明るいくらやみかくれんぼ。

おとなセンターも引っ越し準備中で荷物がほとんどなくなってて、
隠れずれかったみたいですが、楽しいかくれんぼをすることができました。

こどもセンターがおとなセンターを借りてのプログラムはこれが最後になるかな?
おとなセンターさんありがとうございました!!!

2022.06.16(木)

やっぱりね~

まさるです。今日はこども引っ越し3日目です!本日持っていく物は、テレビ、DVD、救急セットです。あと本しょうしょう。ピースハウスにいくと、ワクワクします。これはどうやって、遊ぼうか?ここで何しようか?など想像力を発揮しています!
まるで、家族ごっこのように、お片付け、整理整頓しています。こどもたちにかかったら、引っ越しも楽しい、楽しい遊びです!
いつも、遊びの天才だと思っていますが、やっぱり、こどもたちは天才です!

2022.06.15(水)

建物に思い出いっぱい

たむっちです。山王こどもセンター建て替えに向けて、引っ越し作業や片づけをしながら、こどもセンターに思い出がいっぱい詰まっていることに気づきます。ランドセルをかける板に彫ってある名前や天井の落書き、穴の開いた扉に、最近書かれたであろう…でっかい字で名前が書いてありました。写真にとっておこう。何年か先に「ここに名前書いたやろ。」と見せてあげたい。

  

2階の部屋の昔ながらの扉も保育室の建付けの悪い押入れの扉もその時は「開けられへん!」だの「閉められへん!」だの面倒だな~と思っていたものすべてに愛着があることに気付きます。そしたら、あれやこれやと残しておきたいものが増えていきます。

ある人は、「残しておきたい物というよりこの空間に想いがあるかな」と話してくれました。

 

ある人は、はるばる鳥取から「見納めに来ました!」と足を運んでくれた人もいました。センターには1時間ほどの滞在で、昔話に花を咲かせました。

 

ある人は、ひょっこり現れてセンターの人使いの荒さにも「いいっすよ」と言って夕食会の料理をこども達と一緒に作ってくれました。

 

ある人は、犬の散歩のついでに寄っただけなのに気づけば、エビカツサンドを作り、みんなと一緒に食べていました。

 

まだまだ、「ある人は」エピソードはたくさんあります。

 

解体する日程が、6月末と迫ってきました。

解体する前にこども達のお泊り会や今までこどもセンターで関わった人達が集まる会を開きます。
のぞきに行こうかなと思ったそこのあなた!ぜひ、気軽にお越しください!

 

「センター開放!ラストデイ!」626日(日)13001700

「最後の晩餐」626日(日)17302000

幹事:はる・だいご

※なんだかこどもセンターが、閉鎖するようなタイトルですが()新しく建て替わります。